本文へジャンプ
          
第2番 東寺


金剛薬師(こんごうやくし)



<御詠歌>

輪王の
深き誓いの護国寺に
瑠璃の御法(みのり)の
声ぞ絶えせぬ

<由緒>
 東寺は平安遷都の際、羅城門の東に建てられた官寺で、正式には教王護国寺といいます。嵯峨天皇より弘法大師に下賜され、真言宗を立教開宗されました。
 弘法大師様が唐よりご帰朝の途、海中より竜王が出現して末代衆生利益の為にと、藥玉を大師に献ぜられました。
 後に弘法大師が嵯峨天皇より東寺を賜った折に、金堂薬師如来の御身にその藥玉を納め奉り、十二神将を彫られました。
 薬師如来像は国指定重要文化財で、金堂は国宝です。




寺院名 教王護国寺(東寺)
宗旨 真言宗 総本山
開山・開基 延暦15年(796年)
所在地 〒601-8473
京都市南区九条町1
電話番号 075-691-3325
FAX 075-662-0250
ホームページ http://www.toji.or.jp/
その他 別途、拝観料必要 
交通  ▼JR京都駅より徒歩15分

▼近鉄東寺駅より徒歩5分
地図


   Copyright © 2012- 京都十二薬師霊場会 All Rights Reserved.