時を超えて祈る十二の大願

 平安時代より京の都では、薬師詣りが盛んに行われていました。


 特に、信仰を集めた十二か寺のお薬師さまに、無病息災、当病平癒、厄難消除、所願成就などの願をかけて、順に巡る風習がありました。

 江戸時代の「薬師霊場記」にその様子が詳しく書かれています。
 霊場の呼び名と札所も時代によって変わり、江戸時代の天明の頃には、現在の十二か寺になったようです。薬師十二所参り、都十二薬師、洛陽十二薬師等とも呼ばれていますが、同じ巡拝信仰です。

 霊場会としては、約80年の中断の後、平成24年5月12日に新たに復興し、みなさまのご参拝をおまちしております。 

お知らせ

 ご本尊御身影を作成し、それぞれの霊場にて授与しております。手書きによる鉛筆画となっております。

  巡拝の折に、各御本尊様のご利益と共にお受けください。 

 なお、京都十二薬師霊場会公式納経帖に綴じ込むことが可能です。

 

 ◆冥加料 一躰 500円