第7番 雙林寺(そうりんじ)


東山薬師(ひがしやまやくし)

 桓武天皇の勅命により、左大使尾張連定鑑(むらじさだみ)がこの地に伽藍を創立し、霊鷲山沙羅双樹林寺法華三昧無量壽院と号した。
 鳥羽天皇皇女綾雲女王、土御門天皇皇子静仁法親王が住職を務めるなど皇室とのかかわりも深い。
 また、平康頼、西行法師、頓阿法師など文人が止住した。17の支院を有する国体安穏祈祷の大道場として、東山屈指の巨刹であったが、今は僅かに本堂と飛地境内にある花月庵(西行堂)を残すだけとなる。

 

<宗旨> 天台宗  <開山・開基> 伝教大師 延暦24年(805年) 

御詠歌

とうとしな ふたつのはやしふかければ
るりのひかりに なやみはるらん


拝観

本堂への入堂は可 300円(巡拝者は無料) 仏像拝観不可

護摩祈祷参座料 3,000円より 

 

ホームページ http://www.sourinji.com/

年中・月例行事

<年中行事>

1月1日 0時 修正会
1月1日~2日  11時  新春護摩
春分の日 14時 彼岸会
4月8日   花御堂灌仏
8月15日 14時 盂蘭盆、先祖回向法要
8月18日 18時 伝教大師童形像前勤行
秋分の日 14時 彼岸会

<月例行事>

  8日 11時 薬師護摩


※拝観、行事の詳細につきましては、各霊場へ直接お問い合わせください。

所在地

〒605-0072

京都市東山区下河原鷲尾町527

・電話 075-561-5553 ・FAX 075-525-8210 

▼市バス 祇園又は東山安井より徒歩7分